ETCカードとは:ENEXCO 高速...


ENEXCO 高速人カードでは、国内外旅行保険2000万円、ショッピング保険100万円の保障のほかに、ETC料金所のゲートの開閉バーが何かの理由で開かなくて、開閉バーに衝突して車両損傷した場合に、お見舞金が支払われる「ETCゲート車お見舞金」がある。

シティカードは、基本的にリボ払い専用のカードだが、電話やインターネットで支払い金額の変更や、支払い金額の上限を5万円に変更する手続きをすれば、一括払いをすることも可能で、その場合には金利などの手数料はかからない。
即日発行のできる最強の年会費無料のリボETCカードだね。

ENEXCO 高速人カードは、通常価格が14735円のETC車載器06年モデルとそのセットアップ費用3000円が、セットで7500円もお得になる、9800円でETC車載器を購入することができる。
年会費無料のETCカードでこれだけ付帯サービスが充実しているカードは他にないと思う。

横浜インビテーションカード(横浜ハマカード)は、最大で2000万円まで保障してくれる海外旅行傷害保険のほかに、最大で1000万円までを保障してくれる国内旅行傷害保険が付いているので、国内海外を問わず旅行するときに頼りになる年会費無料のETCカードだ。

UFJカード VIASOは、年会費が無料のETCカードで、海外旅行代金をカードで利用した場合に、1回の旅行につき最長で3ヶ月間の海外旅行保険が最大で2000万円付帯される。
そのほかに世界主要都市の窓口で、日本語でサポートを受けられるといった、海外旅行向けのサービスが充実している。


関連情報:          

ETCカード情報:UFJカード VI...


UFJカード VIASOは、年会費が無料のETCカードで、海外旅行代金をカードで利用した場合に、1回の旅行につき最長で3ヶ月間の海外旅行保険が最大で2000万円付帯される。
そのほかに世界主要都市の窓口で、日本語でサポートを受けられるといった、海外旅行向けのサービスが充実してるんだ。

横浜インビテーションカード(横浜ハマカード)では、ショッピング保険が付いていて、1年間に最高で100万円まで保障してくれる。
旅行先や普段のショッピングなどで、高額な買い物をする際、紛失や盗難などの保障を受けられるのは安心だね。

UFJカード VIASOでは、年会費が無料のETCカードのニコスブランドのみの特典として、自由型支払いサービス「楽Pay(らくペイ)」に登録して、そのカードで購入した商品の破損や盗難などを購入日から90日間、年間100万円まで補償してくれるショッピング保険がついてるんだ。

年会費無料のETCカードで常に上位ランキングに上がってくるものの中に、出光カードがあるぜ。
出光カードはパソコン上から申し込みをすると最初の一年間は年会費が無料だが、次の年からは年会費がかかってきます。
今、出光カードを持っていない人はカード発行と同時に無料でETCカードを発行してもらうことが出来る。
出光カードを持っている人は後からつけることも可能だ。
カードは出光カードとETCカードの二枚になるが、請求やポイントは合わせることが出来る。

UFJカード VIASOは、カードの発行を急いで欲しい場合、最短で3営業日でカードを発送できる、スピード発行をしてもらうこともできるよ。
できるんだ。
海外旅行の好きな人や、ネットモールをよく利用する人には、この年会費が無料のETCカード「UFJカード VIASO」はお勧めだ。


関連情報:          

ETCカード情報: ETCカ...




ETCカードの年会費が無料の「UCS KARUWAZA CARD」では、Edy機能や事前に申込した会員本人のみが対象になる国内旅行1000万円、海外旅行1000万円の国内外旅行保険など、年会費無料のETCカードとは思えない程のサービスが受けられます。

シティカードは、年会費が無料のETCカードで、審査からカードが届くまでが早いのが特徴なのだが、審査は最短で10分、カードが届くのは最短で翌日だ。
海外旅行の直前など、とにかく急いでカードが欲しいときに、とても便利なETCカードだ。


関連情報:    

ETCカードとは:NEXCO東日本と...


NEXCO東日本とNEXCO中日本とNEXCO西日本のNEXCO(高速道路株式会社)と首都高速、阪神高速、本四高速の高速道路会社が共同で発行して、ETC利用者(個人)に貸与するETCパーソナルカードは、審査の代わりに、デポジットという預託金を預託して、年会費1200円を払うことで発行される。

ENEOS(エネオス)カードは、1年に1回以上のカード利用で年会費が無料になるETCカードだ。
このカードを利用すると、ENEOSヴィーゴやENEOSレギュラーガソリン、ENEOSプレミアム軽油やENEOS軽油が1リットルに付き2円、ENEOS灯油は1リットルに付き1円の割引になる。

NEXCO東日本とNEXCO中日本とNEXCO西日本が発行していて、大口の利用者や多頻度割引の利用者に貸与するETCコーポレートカードは、信用保証や預託金の納付などの後で、1台の車に1枚のETCコーポレートカードが貸与されて、事業者によってはETCコーポレートカード専用の割引制度がある。

他にもENEOS(エネオス)カードの特徴として、ENEOSカードを持っている場合に最大2000万円まで保障してくれる海外旅行傷害保険がついていることが挙げられます。
さらにガソリン代を支払う時にカードを提示すると、TSUTAYAなどが加盟しているTポイントがもらえます。
このTポイントはT-SITEでマイルなどに交換することができる。


関連情報:          

ETCカードを考える:出光カードのメ...


出光カードのメリットといえば、カードを発行後一ヶ月間、ガソリンが1リッターあたり10円の値引きがあることだろう。
同じく灯油も5円引きになるのだが、ガソリンの値段が高騰している今は非常にありがたいサービスではないだろうか。
ガソリン代がかかるから遠出を控えているという人もいるほどだから、夏休みやゴールデンウィークなど長期のお休みに自動車を使って遠出をしたいと考えているなら、この出光カードを利用すればガソリン代を浮かすことが出来る。

TSUTAYA(ツタヤ) Wカードは年会費が無料のETCカードで、その名の通り、ビデオレンタルTSUTAYAでのDVDやCDレンタルの料金が、10%キャッシュバックされるので、10本借りるともう1本無料で借りることができるよ。
できるんだ。

利用した金額によって、ポイントを集めることが出来るのだが、商品と交換したりガソリン代を安くしたりといった特典を受けることが出来るので、長期的につかえばお徳かと思う。

TSUTAYA(ツタヤ) Wカードは、年会費が無料のETCカードで、提携ホテルやレジャー施設割引、加盟レストランでの食事代が10%キャッシュバックされるなどの割引サービスも付いてるんだ。
提携企業はまだ増え続けているので、これから使える店などが増えていくと思う。


関連情報: