ETCカードを考える: ETC...


ETCカードの年会費が無料の「UCS KARUWAZA CARD」では、Edy機能や事前に申込した会員本人のみが対象になる国内旅行1000万円、海外旅行1000万円の国内外旅行保険など、年会費無料のETCカードとは思えない程のサービスが受けられるんだ。

シティカードは、最大で1000万円まで保障してくれる旅行保険が付いている。
ただし海外旅行保険を使うためには、旅行代金の一部をこのカードで支払う必要があるぜ。
海外デスクサポートが充実しているので海外旅行の好きな人にはお勧めの年会費無料のETCカードだ。


関連情報:    

ETCカードとは:ENEXCO 高速...


ENEXCO 高速人カードは、通常価格が14735円のETC車載器06年モデルとそのセットアップ費用3000円が、セットで7500円もお得になる、9800円でETC車載器を購入することができる。
年会費無料のETCカードでこれだけ付帯サービスが充実しているカードは他にないと思うぜ。

横浜インビテーションカード(横浜ハマカード)は、最大で2000万円まで保障してくれる海外旅行傷害保険のほかに、最大で1000万円までを保障してくれる国内旅行傷害保険が付いているので、国内海外を問わず旅行するときに頼りになる年会費無料のETCカードだ。

UFJカード VIASOは、年会費が無料のETCカードで、海外旅行代金をカードで利用した場合に、1回の旅行につき最長で3ヶ月間の海外旅行保険が最大で2000万円付帯される。
そのほかに世界主要都市の窓口で、日本語でサポートを受けられるといった、海外旅行向けのサービスが充実している。

他にも横浜インビテーションカード(横浜ハマカード)は、横浜市内の有名ホテルの宿泊が最大で54%の割引になったり、中華街の老舗や名店の料金が10%の割引になるなどのサービスがある。
又、横浜市内のアミューズメント施設やミュージアムなどでは、お得な優待サービスを受けることもできるので有効活用されるといいだろう。

UFJカード VIASOでは、年会費が無料のETCカードのニコスブランドのみの特典として、自由型支払いサービス「楽Pay(らくペイ)」に登録して、そのカードで購入した商品の破損や盗難などを購入日から90日間、年間100万円まで補償してくれるショッピング保険がついている。


関連情報:          

ETCカード情報:利用した金額によっ...


利用した金額によって、ポイントを集めることが出来るのだが、商品と交換したりガソリン代を安くしたりといった特典を受けることが出来るので、長期的につかえばお徳かと思うぜ。

TSUTAYA(ツタヤ) Wカードでは、TSUTAYAだけでなく、ローソンやガソリンスタンドのENEOS、55Stationやカメラのキタムラ、じゃらんnetなどで買い物をすると、各店で使えるポイントの「Tポイント」がもらえるので、お得で年会費無料のETCカードだ。

ETCカードには、大きく分けて3種類あるよ。
一番一般的なのが、クレジットカードETCカードの機能がついているものだと思うぜ。

これは申し込みのときにクレジット会社の審査があって、その審査に通ると持つことが出来る。
年会費がかかるものと年会費無料のETCカードがあるよ。

国内外を問わず、旅行中の損害に対して、国内旅行保険はこのTSUTAYA Wカードで旅行代金を支払った場合のみ1000万円、海外旅行保険は1000万円の保障が自動的に付くようになってるんだ。
TSUTAYAを利用する時だけでなく、日常生活でも使える年会費無料のETCカードだ。


関連情報:          

ETCカードを考える:横浜インビテー...


横浜インビテーションカード(横浜ハマカード)は、最大で2000万円まで保障してくれる海外旅行傷害保険のほかに、最大で1000万円までを保障してくれる国内旅行傷害保険が付いているので、国内海外を問わず旅行するときに頼りになる年会費無料のETCカードだ。

UFJカード VIASOは、年会費が無料のETCカードで、海外旅行代金をカードで利用した場合に、1回の旅行につき最長で3ヶ月間の海外旅行保険が最大で2000万円付帯される。
そのほかに世界主要都市の窓口で、日本語でサポートを受けられるといった、海外旅行向けのサービスが充実している。

横浜インビテーションカード(横浜ハマカード)では、ショッピング保険が付いていて、1年間に最高で100万円まで保障してくれる。
旅行先や普段のショッピングなどで、高額な買い物をする際、紛失や盗難などの保障を受けられるのは安心だね。


関連情報:    

ETCカードについて:出光は、まいど...


出光は、まいどカードも発行しているが、こちらは永久に年会費はかからないが、自動車をよく利用するのであれば24時間対応のロードサービスもついている出光カードのほうが使い勝手が良いかと思う。

合わせてETCカードも無料で発行してもらえば、最初の一年は年会費がかからず手厚いサービスを受けることが出来る。

TSUTAYA(ツタヤ) Wカードは、年会費が無料のETCカードで、提携ホテルやレジャー施設割引、加盟レストランでの食事代が10%キャッシュバックされるなどの割引サービスも付いている。
提携企業はまだ増え続けているので、これから使える店などが増えていくと思う。


NEXCO東日本とNEXCO中日本とNEXCO西日本のNEXCO(高速道路株式会社)と首都高速、阪神高速、本四高速の高速道路会社が共同で発行して、ETC利用者(個人)に貸与するETCパーソナルカードは、審査の代わりに、デポジットという預託金を預託して、年会費1200円を払うことで発行される。

ENEOS(エネオス)カードは、1年に1回以上のカード利用で年会費が無料になるETCカードだ。
このカードを利用すると、ENEOSヴィーゴやENEOSレギュラーガソリン、ENEOSプレミアム軽油やENEOS軽油が1リットルに付き2円、ENEOS灯油は1リットルに付き1円の割引になる。


関連情報: